Injury Alert(傷害速報)No.35 鉄板による熱傷

小児科学会にInjury Alert(傷害速報)というページがあります。子どもの事故を扱ったものです。読んでみるとわかりますが、ちょっとした工夫で防ぎ得たかもしれないケースが多いです。

Injury Alert(傷害速報)について

 「No.35 鉄板による熱傷」は当院からの報告です。上京していた上海の林啓一先生と一緒に写真を撮りました。「鉄板」と書かれていますが、立体駐車場の鋼製床材です。炎天下で金属の床が熱くなってしまったのでしょう。子どもが床に立ち入り、両手を床についてしまったのです。

No. 35 鉄板による熱傷(PDF)

 写真をご覧になればわかりますが、どこにでも有りそうな立体駐車場です。この火傷は条件が揃ったから起こりえるのだと言え、逆に言えは環境を整えればこれからの発生は防ぎうるかもしれないのです。

 「気をつけましょう」では防ぐことができません。どうすればいいか、みなさんも考えてください。

 最後になりましたが、山中龍宏先生(日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会)と、一緒に現地に赴き写真を撮って下さった林啓一先生(上海の名都城メディカルセンター)には、重ね重ね御礼申し上げます。
a:7357 t:2 y:5