風疹大流行--対策は?

風疹が増えています

 東京で風疹がかつて無いほど増えています。以前も書いていましたが、これまで男性に風疹ワクチンを接種していなかった「つけ」です。

2013年1-12週までの風疹報告数

http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/rubella/2013pdf/rube13-12.pdf

(追加:2013-05-09)
 東京の流行は全国に拡大しつつあります。ゴールデンウィークで人の往来が激しかったので、流行は更に拡大するでしょう。

先天性風疹症候群

 接種していなかった男性たちがお父さん世代となり、妊娠中のパートナーに感染させる可能性が出て来ました。妊娠中に風疹にかかると胎児が先天性風疹症候群にかかる可能性があります。特に、白内障・心疾患・難聴が有名です。妊娠初期にかかればかかるほど影響が出やすいです。

先天性風疹症候群(CRS)

http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/28f5fa6fd470bfd94f21451ee4cd9434

 母親の風疹抗体価(HI)が32倍以上あれば、母親は風疹に感染しないと言われています。しかし、パートナーや胎児にとってのキョウダイ(つまり兄や姉)が風疹になるなど強い感染源があれば、風疹にかかる可能性があります。厄介なのは、母親自身に症状がなくても胎児が先天性風疹症候群になることがあるのです。

 後述するように、ワクチン一回だけで免疫がつかないこともあります。妊婦の個人防衛に頼っていては、風疹による悲劇はなくならないのです。家族のみならず、独身男性も接種する必要があるのはそのためです。

対策はワクチン

 対策は風疹ワクチンや麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)を接種することです。各種ワクチンの注意事項を調べた上で、接種をお願いします。

原則MRワクチンをお願いします

 風疹ワクチンは元々供給が限られています。今回の風疹騒動で、風疹ワクチンは枯渇してしまいました。当院にもわずかしかありません。

 「私は幼い頃に麻疹に罹ったと母親が言ってました。母子手帳にも書いてあります」という場合でも、別の病気だったということが時々あります。採血などで明らかに麻疹だったということでない限りは、MRワクチンをお願いします。麻疹に掛かっていて、その上でMRワクチンを接種しても大きな問題はありません。

出来れば2回接種をお願いします

 頻度は必ずしも多くはないのですが、一回だけの接種では免疫がつかないことがあります(primary vaccine failure)。その為に2回接種が望ましいです(特に妊娠を希望している女性)。

 接種間隔にについては議論はあると思いますが、最低1ヶ月(27日)間隔を開ければ二回目接種は可能です。

もう少し詳しい説明(2013-05-09)

 一回の風疹ワクチンで免疫がつく割合は95%だと言われています。逆に言えば5%の方は一回では免疫がつきません。これから挙児を考えている家族や妊婦を持つ家族は、5%のリスクを考えてください。

 風疹ワクチンはすでに枯渇状態ですが、MRワクチンは比較的余裕があります。MRワクチンの供給が滞りそうになったら、優先させるべき人たちを優先させましょう。

MRワクチン「も」足りなくなるようです(2013-06-17)

 風疹ワクチンが足りないと言われていましたが、6月14日になってMRワクチンも足りなくなるという報道がありました(これは予期された流行にも関わらずメーカーに増産指示をしなかった厚生労働省の怠慢です)。

(今なら)MRワクチンは1回だけでよい

 一回の接種で5%程の人が免疫がつがつかないというリスクをどう考慮するかですが、多くの人に接種を呼びかけるには、まずは一回接種を優先させたほうがいいかもしれませんね。

副反応は?

 ワクチンとは「弱い病気を起こさせて、それに似た恐ろしい病気を予防する材料」です。ですので、医学が進展しようとも、感染症の予防に有効で副作用ゼロというワクチンは開発されません。

 MRワクチンの場合、接種後10日前後で発熱発疹が出る場合があります。しかし他者に感染させることはありませんし、すぐに改善します。

http://allabout.co.jp/gm/gc/379447/

避妊する必要は?

 女性の場合、接種後二ヶ月避妊するようにお願いしています。ワクチン接種後に妊娠が発覚しても、胎児に影響が出ないのは疫学的に証明されています。

 また、男性の場合は避妊する必要はありません。

おまけ

 ここで政府の無策を責めてもしかたがないかもしれませんが、こうなったのも男性に風疹ワクチンを接種して来なかったつけです。比較的高額なHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)が公費接種になるなか、風疹ワクチンを始め他の疾患(HBV/水痘/おたふく)対策にはあまりお金をかけないというのは、いささか疑念を感じます。

署名を!!

「赤ちゃんを守る緊急署名!風疹予防接種の完全無料化を」というサイトがあります。一部を抜粋します。

私は、今から30年前に風疹症候群の娘を授かり、12年前に娘を看取りました。それからずっと、風疹の啓発活動をしてきました。娘の13回忌がある今年、風疹が大流行。去年10月以降、風疹によって障害をもって生まれたお子さんは、全国で8人になりました。

いま、娘から、「お母さん宿題が終わってないよ」と言われている様な気がします。

 よろしかったら、個人情報に注意した上で署名をお願いします。

赤ちゃんを守る緊急署名!風疹予防接種の完全無料化を

参考サイト

NHK NEWS WEB ストップ風疹 ~赤ちゃんを守れ~

風疹ワクチン緊急コラム・和歌山市・小児科・生馬医院(いこまいいん)

麻疹単独ワクチン-鏡と甲子園と障害者の生まれない権利(注:2010年のブログです)

a:14989 t:29 y:23